【 坪当たりの汚染土壌除去費用が比較的高価になる一般的なケース 】

■汚染物質の処理単価が高価なケース
土壌を汚染している物質が,水銀等処理単価が高価な場合,もしくは汚染物質が高濃度で検出された場合,工事費用が高価になります。
■汚染されている土壌の深度が深いケース(GL-2.0m〜)
深度が深い場合(概ねGL-2.0m〜),土留め等の仮設費用がかさみます。
また,深度が深くなるほど1u当たりの汚染土量が増えてしまうため,工事として割高になります。
■敷地面積が小さいケース
敷地面積の大きさに関わらず工事をする際には,必要最低限の固定費(共通仮設費・現場管理費・諸経費等)がかかります。このことから,敷地面積が小さい場合は,坪当たりの工事費用は高価なります。
■大型ダンプトラック(10t)での施工ができないケース
現場への進入道路が非常に狭く,大型ダンプトラック(10t)で施工作業ができない場合,4t・2tダンプトラックで施工すると汚染土壌の運搬回数が増加し,運搬費がかさみ,工事費用が高価になります。



 土壌環境の汚染調査・クリーン化事業コーディネート         株式会社シー・アール・ワイ